相場を読むには経験がものを言う

世界にはたくさんの種類の通貨が存在し、国旗の数だけ通貨があるとも呼ばれています。しかし、どの通貨に投資してもいいというわけではありません。

外貨投資に最も大切な条件のひとつは、なんといってもその外貨の中短期の金利が円よりも高いということです。それと同時に、比較的自由に投資でき、必要なときに引き上げることができる通貨を選ぶということも重要なポイントです。

新興国などでは、海外からの投資が難しい国が存在したり、投資を引きあげる際に中央銀行の許可が必要となる場合すらあります。

いつでも自由に買いたい時に買うことができ、売りたい時に売ることができることも重要であり、このことを流動性が高いといいます。市場は、取引量が多いほど流動性が高くなります。

逆に、取引量が少ないと、わずかな売り買いでも値動きが敏感に反応して、為替レートが乱高化しやすくなります。最も流動性の高い通貨は、世界の基軸通貨である米ドル、次いでユーロになります。投資に対して初心者であれば、まずはユーロや米ドルの取引から始めてみることがいいでしょう。そこで十分なノウハウを得てから、より大きな利鞘を目指して他の通貨の取引を始めていくといいといえます。