外国為替証拠金取引の成り立ち

「FX(外国為替証拠金取引)」という投資手法は、最近ではテレビや雑誌でもよく取り上げられ、広く一般にも認知されている投資手法と言えるでしょう。「FX(外国為替証拠金取引)」とは、一定の証拠金を業者に預託し、その証拠金を基に2国間の通貨の売買を行う取引のことを指します。

日本では1998年に外国為替及び外国貿易法が改正されたことで、一般投資家でも簡単に取引が行えるようになりました。

1998年当初に、FXを提供していたのは「ダイワフューチャーズ(現ひまわり証券)」と「豊商事」の2社だけでしたが、長らく続いていた円安の時代と、インターネットなどブロードバンド環境の急速な整備・発展により、僅か10年余りで急速な普及を遂げています。

現在ではFXを提供する企業は証券会社や商品先物会社だけにとどまらず、FX専業の会社も参入するなど競争は一段と激しくなっています。

FXは、投資初心者の人でも、業者に口座を開設し、一定の証拠金を預けることで、小額から投資を開始できることから、初心者でも始めやすい投資手法として広がりました。

しかし、投資である以上、元本の保証はされないので、始める際には為替相場やFXに対する最低限の知識を蓄えてから始めることが必要だと言われています。

100円程度の資金で始められる新時代の取引の外為オプションはFXトレーダー歴6年の友人から今一番すすめられている外為サービスです。