注文方法を知るとトレードが楽しくなる

FXでは、保有している通貨ペアのことをポジションといいます。この買いポジションの損益を決定させようとして出す注文のことを決済注文と呼びます。

決済注文は、取引画面の口座照会やポジション照会で保有しているポジションを確認し、決裁したポジションを選択することで出すことができます。

決済注文にはそのときの為替レートを見てその場で取引する成行注文、レートを指定しておいてそのレートに達したら注文が確定することになる指値注文、相場が自分の読みと反発した際に損失を抑えるための逆指値注文などの注文方法があります。

そのほかには、IFD(If Done)注文では、新しい注文と同時に、その注文が成立した時に初めて有効になる注文を同時に出すことができます。

あらかじめ相場がどのように動くのかを予想しておき、「何円になったら買う(売る)」ということを決めておけば、その後は相場の変動に応じて、自動的に取引を行ってくれます。

OCO(One Cancel the Other)注文では、新しい注文や決済注文において、異なる2種類の指値(または逆指値)注文を同時に出し、いずれか一方が成立したら自動的にもう一つの注文がキャンセルになるという注文方法です。これらの注文は少し高度ですが、相場の変動に合わせて非常に有効になります。