為替差益をどれくらい獲るかで利益の大きさが変わる

FX投資では、通貨を売り買いして、その通貨の為替レートの変動によって差益を得ることで利益を取る方法をほとんどの投資家が選択しています。

例えば、日本円を100万円持っていたとき、1ドル=100円のときに、手持ちの100万円を1万ドルに替えておいたとします。1ドルが110円になったならば、もう一度円に交換すると手持ちの資金は110万円になり、10万円の利益が出るというわけです。

このように、ある通貨αからほかの通貨βに交換し、もう一度通貨βを通貨αに戻した時に得られる利益のことを為替差益といいます。交換した通貨βがもともと保有していたα通貨に対して高くなれば、言い換えれば、自国通貨が安くなれば為替差益が出ます。自国通貨に対して将来高くなりそうな要因を持つ通貨に投資して、為替差益を狙うのがFXの目的です。

しかし、先ほどの例で言えば、1ドル=90円に変動すれば、10万円の為替差損が発生します。為替レートは常に変動しており、外国為替市場に影響を及ぼす為替リスクは多々存在しています。

為替リスクには、政治的なものから経済的なもの、国内外の問題まで幅広く存在しています。時には、バイオ燃料や電気自動車の技術開発などの新技術開発も産油国の経済に与える影響が大きいと為替を変動させる原因になります。

外国為替のオプション取引だから外為のオプションと略されることがあります。この取引方法を学べば、収益チャンスがグッと増加すること間違いありません。